妄想の地図帳
 「ひぐらしのなく頃に」が好きなおっさんが、二次創作やオリジナル物語を書いたりするとかしないとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
『空色停留所』
 みさなまこんばんわ。
今日はSSをアップしました。公式にも投稿していませんので、まるっきりの初出物です。
僕にしては珍しく沙都子さんが主人公です。
いつも通り、どうという事の無い一日の風景です。
お時間御座いましたら、御一読頂けると幸せです。
それでは、まったりどうぞー。


 -----------------------------------------------

 昭和五十九年 六月某日

 雨が地面を叩く音だけが世界の全てを埋め尽くしている。
「んなぁくそっ。 天気予報なんて当たりゃしねえなもう!」
 家を出る時は抜けるような青空だった。
 頬を撫でる風も爽やかで、輿宮までの一時間も鼻歌混じりにあっという間だった。
 駐輪場に自転車を停めてから、まず最初に母さんのいつもの用事(借りてた本の返却)を済ませる為に図書館へ向かった。
 思い返してみると、この時すでに空の色はうっすらと灰色になり始めていた……そんな気がしないでも無い。
 だけどその時そんな事は気にもしていなかった。
 せっかく街まで出て来たんだ。お使いだけ済ませてこのまま帰るってのも勿体無い。
 だから俺はエンジェルモートで詩音に嫌がらせをしたり、例のおもちゃ屋で常連連中と一勝負したりと、色々楽しんだ。
 それがまずかった。
 店を出てみると空は一面灰色で、まだ夕方にもなって無いってのに、辺りは既に薄暗くなっていた。
 慌てて雛見沢に向けて自転車を走らせたけど後の祭り。走り出してものの十分も立たない内に、ポツリポツリと降り始めやがった。

 何とか我慢してくれていた霧雨は、俺が雛見沢に入ると同時に涙腺の尾が切れたらしく、篠突く大雨に変わってしまった。
 村までは何とか帰って来れたけれど家までの道のりはまだまだ遠く、俺が哀れな濡れ鼠になるのは間違いなかった。
 だめだこりゃ、とても家まで帰れそうに無い。どこか雨宿りできる場所を探さないと……。
 その時オヤシロ様の采配か、俺の目に小振りな木造小屋のシルエットが飛び込んで来た。
「おぉっ。そういやバス停があったっけ!」
 自転車を軒下に停め、俺は脱兎の如く停留所の待合小屋に飛び込んだ。
「だあぁ、助かったぁ」
「ひゃっ。け、圭一さん?」
「うぇ? あれ、お前……」
 小屋の中には既に先客が居て、待合用の長椅子に腰掛けていた。
 濡れた蜂蜜色の髪を真新しいタオルで拭きつつ、只でさえ大きな目をまん丸に見開いて、驚いている沙都子。
「こ、こんな所に何の御用でございますの?」
「お前こそ何やってんだよ」
「わたくしは見ての通り雨宿りでしてよ。お夕飯のお買い物に出かけたんですけど、この有様ですわ」
 ぷぅと頬を膨らませ、中世の貴族映画なんかでお姫様がやる様に、ワンピースの裾を両手で持ち上げて見せた。
 裾からポタポタと雫を垂らす綺麗な緑色のワンピースは、沢山のびろうど色の斑点模様を作っていた。
 俺ほどじゃあ無いが、どうやら沙都子も梅雨の洗礼を受けたらしい。
「日頃の行いが悪いんだろ」
「失礼ですわねっ! 圭一さんこそどうなんですの。その無様な格好はっ」
「俺のは『水も滴る良い男』って言うんだよ」
「? よ、良く分かりませんけれど、兎に角お座りになったらいかがですの」
 まるで自分の家に客人を迎える様に、シャンと背筋を伸ばしてポンポンと長椅子の隣を叩く沙都子。
 その様子が可笑しくて、ちょっとニヤけてしまう。とりあえず雨宿りの間、退屈しなくてすみそうだ。

「今日は一人かよ」
「え? ……ええ。不覚にも『お買い物じゃんけん』で負けてしまいましたわ」
「ほう。そんな勝負してんのか。って事は、最近は梨花ちゃんと一緒に行ってないのか? 買い物」
「ん……ほら、去年の夏からは羽入さんも加わりましたでしょ? それからはもっぱら役割分担でやってますわね」
「そっか。ま、その方が効率良いよな」
 他愛の無い会話をしている間も、雨足は弱まる気配を見せなかった。
 まるで夏のように(色々な意味で)アツかった去年とは違い、今年の六月は全く持って梅雨と呼ぶに相応しい季節になっていた。
 一度降り出すと長いのだ。
 兎に角、長々と降る。
 まあその分雨足はゆったりとしている事が多いんだけれど、今日はやけに降りが激しい。
 これじゃあまるで夏の日の白雨だ。文字通り風景が白く霞んで見える程の土砂降り。
 今やもう雨音なんてもんじゃない。こりゃ滝の音だ。
 これだけ激しいって事は、もしかしたらにわか雨かもしれないな。いや、出来ればそうあって欲しい。
 雨に打たれたせいで、随分と体が冷える。
 早く帰らないと、このままじゃあ風邪を引いちま――
「っぶぇっきしっ!」
 思ってる端からくしゃみが出た。
「げ」
 一緒に鼻水も飛び出した。ひどい有様だ。
 首を前に突き出して鼻水をブラブラさせていると、「えんがちょですわ」と渋い顔をしながらも、沙都子がポケットティッシュをくれた。
「しょうが無いだろ。冷えたんだからよー。ぶいぃっ」
 鼻を噛むと、その刺激でまたくしゃみが出た。鼻噛んで、くしゃみして……三回繰り返して、やっと綺麗な圭一に戻れた。
 すっきりしたのは良いが、相変わらず寒い。
 ぶるりと震える体を抱きしめて両腕で擦り上げる。
 あーくそ。とっとと帰って暖かい風呂に飛び込みたいぜ。
 湯船に浸かってのんびりと一息ついている所を想像して寒さを紛らわせていると、ふわりと柔らかいタオルが頭に掛けられた。
「ん?」
 沙都子が俺の頭を拭いてくれている。
「どした、妙に優しいな。何かのトラップか?」
「かっ、風邪でも引かれたら、後味が悪いからでございますわよ。……んん、もうっ! 少しは素直に感謝して下さってもよろしいんじゃございません事?!」
「へへへ、冗談だよ。ありがとな、沙都子」
「……ど、どう致しましてっ」
 感謝しろって言うから感謝してやったら、真っ赤になってしまった。おかしな奴だ。
 長椅子に膝立ちをして、コシコシと撫でてくれる頭が気持ち良い。何だかんだで、気の利く優しい奴だよな。
 口が裂けても本人には言わないが。
 母さんに聞いた話だけれど、一人っ子の俺は小さい頃、「兄弟が欲しい」と駄々をこねては、父さんを困らせていたらしい。
 こうしていると何だかその夢が叶ったようで、正直結構嬉しかったりする事も、やっぱり内緒にしておいた。

 -----------------------------------------------

 空から零れた雨が大地に弾けて、王冠の華を次々に作っている。
 檜の屋根を轟々と叩く激しい雨音は存外に心地良く、他の一切の音を掻き消し、不思議な静寂で小屋を包んでいた。
 雨に煙る景色が、まるでスクリーンの中の世界の様で――。
 雨のカーテンに隔離されたこの待合小屋が、世界の全て。そんな気さえしてくる。
「本当によく降りますわね……」
 お互いの頭を拭いたタオルを丁寧に畳みながら、小屋世界のたった一人の同居人がぼやいた。
「雨降りは嫌いか?」
「もちろんですわ。普通、あんまり好きな方は居られないのではありません事?」
「どうだろうな。――俺は結構好きだぜ」
「……さっきまでブツブツぼやいていたじゃございませんの」
「ん? あぁ、違う違う。ほら、あれだ。「降られる雨」は嫌いだけど「眺める雨」は、嫌いじゃないぜって事だ」
 キョトンとした顔で俺を見つめ、沙都子は小首を傾げた。
 天井を見上げ、あごにひと指し指を当てて考え込んだ後、
「よく分かりませんわ。……変な圭一さん」
 そう言って唇を尖らせ、ベンチから垂らしていた足をパタパタと振った。
「ほら、見て下さいまし。靴だってこんなにドロドロになってしまって……それに何より、せっかく仕掛けた地雷型トラップが露出してしまうんですもの。設置しなおすだけでも、一苦労ですわ」
「……どんどん降って良いぞ、雨。いっそトラップ丸ごと流してしまえ」
「なっ、何て事おっしゃいますのっ。あたくしがどれだけ丹精込めて愛情込めて仕掛けたトラップだと思っていらっしゃいますの。可哀想だとは思いません事?!」
「知らんっ」
「むがーっ」
 無邪気にコロコロと変わる表情が心地良くて、ついついからかってしまう。
 何だろうなこの楽しさ。何かに似てるんだ。
 何だったかな……。
 ああ、あれだ。子犬とじゃれ合っている時の感じとそっくりなんだよ。
 うん。違う所といえば、素直じゃないって所くらいか。
 ぴんと立てた尻尾をブンブンと振りながらはしゃぎ回る子犬。それにシャム猫のツンとした意地っ張りさを被せたら、沙都子の出来上がりだ。
 軒を一歩出れば滝の様な雨に打ちのめされて、一瞬のうちにずぶ濡れになるだろう。間違いない。
 だけどこの小屋の中にいる限り、そんな心配は無い。
 どんなに雨が頑張ろうとも、必死で風が騒ぎ立てようとも、俺達は鼻歌交じりでその合唱を聞いていれば良いんだ。
 その代わり、傘も合羽も持ち合わせていない俺達にも、雨に一泡吹かせる手段は無い。
 お天道様の機嫌が直るまでひたすら待つしか無いって訳だが、こうしてトラップ講座を聞きながらのんびりするのも悪くない。
 沙都子の熱弁に拍車が掛かり、講義が「第三章 設置場所と効果的なタイミングについて」に突入した時だ。
 ふと、ある事に気が付いた。

 ――そういやあ……最近トラップに引っかかる回数が減ったような気がする――?

 俺の回避能力がレベルアップした……って事は無いな。そもそも朝の教室でのトラップ自体が、あまり仕掛けられていない。
 昔はそれこそ「毎朝が戦争」状態だったけれど、最近は週に一回あるか無いかって所だ。
 俺が引っ越して来て一年、か。流石にそろそろ飽きられたって事なのかね?
 んー……トラップに引っ掛かって高笑いされるのも癪に障るけど、こう、放って置かれるってのも何だか……寂しいなぁ。
「――もうちょっと、にーにーの代わりをやっていても、良いんだけどな……」
「? 何か仰いまして。圭一さん」
「いや、何でもねえよ」
 くしゃくしゃと頭を撫でてやると、一年前と同じ、笑いを噛み殺したふくれっ面が返ってきた。

 のんびりと雨景色を鑑賞するのにもそろそろ飽き始めた頃、聞きなれた雨音とは別の音が近づいて来た。
 雨を弾くバシャバシャという音と、ぬかるんだ土を撥ね飛ばす音。
 そっと小屋から頭を出し、音のする方を覗いて見ると、白い軽四自動車がゆったりと近づいて来ていた。
「おい沙都子喜べ、車だっ」
 天の助けだ。誰だか分らないけれど家まで乗せて行って貰えるよう、頼んでみよう。
 何せこの狭い雛見沢だ。知らない人って事もないだろう。
 沙都子に一声掛けた後、俺はのんびりと近づいてくる車に向かって手を振った。
「やれやれですわね。これでやっとお夕飯の準備に取り掛かれますわ」
 沙都子が俺の脇からちょこっとだけ顔を覗かせている。俺を雨除けにしてやがんなこいつめ。
 軽四は相変わらずゆっくりと近づいて来ていた。
 車のスピードとは対照的に物凄い勢いでワイパーが動いているが、雨の勢いの方が勝ち、フロントガラスはまるで滝のようになっている。
 ここからじゃあ誰が乗っているのか分らない。しっかし、あれ前見えてんのかね? のろのろ運転になるのも仕方ないな。
 雨の中に手を突き出し、目に付くようにと思い切り手を振った。
 だけど、ゆるゆるとバス停に近づいて来た車は、水溜りを跳ね飛ばしながら……そのまま通り過ぎようとするではないか。
「お、おろ? おろろろろっ? ちょちょ、ちょっと待ったちょっと待った!」
 車の動きに合わせて待合小屋の中を小走りに手を振り続けるが、止まってくれる気配が無い。
「あ、あらららら? な、何をなさっていますの圭一さんっ。――す、すいません、止まって下さいましーっ」
 慌てた沙都子が俺の影から身を乗り出して手を振ると、軽四は甲高いブレーキ音を上げてやっと止まってくれた。
 スルスルとバックして戻って来た車の助手席側の窓が開き、皺枯れているけれど元気な声が飛び出す。
「あんれ、沙都子ちゃんでねえの。こったらとこで何してんのー? 輿宮んバスなら、今日はもう出んと違うかいねぇ」
「――あの、天瀬さん。俺も居るんですけど」
「おぉおぉ、前原君も居ったんねえ。気付かんなったんよぉ。でっははははは」
 おいおいあれだけ手を振ってて気付かなかったってか? 小さい沙都子には気付いたのにか?
 この元気な初老のおっさんは、天瀬さんだ。村の会合で何度か会った事がある。
 もう結構いい年の筈なのにやたらマッチョで、元気が良い。あっちの方も現役らしく、会合でも下ネタを爆発させて笑いを取っているのをしばしば見掛けた。
「こんにちわですわ天瀬さん。バスを待っているのではございませんのよ。雨宿りをしていますの」
「あぁん。急に降りだしよってんからねえ。――なぁん、ほんならおじさんが、家まで乗せてったげんね」
「よろしいんですの? 私達、結構濡れてますから、シートを汚してしまうかも知れませんわよ」
「気にせん気にせん。沙都子ちゃんの汚したんなら、大歓迎よぉ。ではははは! あぁ、圭一君もついでに乗って行きないねー」
 俺はついでかよ……と思いつつも、にっこり笑って感謝の言葉を述べて、有り難く車に乗り込んだ。
 当然沙都子が助手席で、俺は後部座席。
 このおっさん……俺一人だったら間違いなく、無視して通り過ぎてたな。絶対だ――。

 ガタゴトと揺れる車内はとても賑やかだった。金属製の天井を叩く激しい雨音も、すっかり気後れしてしまう程に。
「――でございますの。梨花には、もうちょっとお淑やかさと言う物を勉強して頂きたいですわ」
「ありゃま。元気の塊みたいな沙都子ちゃんがそれを言うんね~。でははは」
「分かってございませんわねぇ天瀬のおじ様。梨花はね、お家の中ではとんでも無くだらしないんでございますのよ? 何でもかんでも散らかしっ放しで、遊びに行ってしまうんですから」
「ありゃまぁ本当かぃね? あんの梨花ちゃまがねぇ~。そうは見えんけんどもねぇ」
「いつまで経っても子供ですわ。わたくしが居ないと、てんで駄目なんでございますから全く」
「でっはっはっはっは。そんれじゃぁ沙都子ちゃんは、まるっきり梨花ちゃまの女房みたいなんなぁ。でっははははは!」
「にょっ女房って……へ、変な事言わないで下さいまし天瀬のおじ様! わ、わたくし達は別にそんなっ」
「でははははっ!」
「もうっ、圭一さんからも何か言ってやってくださいまし……って、圭一さん?」
「――うぅえ? あ、あぁ、何だ」
「どうしましたのボーっとなさって……ただでさえマヌケなお顔が、馬鹿みたいでしてよ?」
「うるせ、大きなお世話だ」
 ちょっと考え事をしていた所を突っ込まれてしまった。油断も隙も無いな。

 ――何だろう。凄く――不思議な光景でも見ている様な感じがして、ぼぅっとしてしまっていた。
 別に沙都子と天瀬さんが特別な会話を交している訳じゃない。至って普通。俺達部活メンバーが普段交している内容と、何ら変わらない会話を耳にしているだけなんだけど、妙に違和を感じる。
 かと言って別に不快じゃない。天瀬さんの豪放な笑い声がちょっとうるさいけれど、沙都子の笑顔が見られるのは、悪くない。
 じゃあこの違和感は、一体何なんだろう?

「この間お肉屋のおじ様が挽肉をおまけして下さいましたのよ。もう、こーーんなにたっぷり。おまけの方が多かったくらいですの」
「ほーー。あんの助平おやじ、わっしの沙都子ちゃんに色目使いよんねぇ? 今度勝負せんとかんわぁ!」
 おぉ、なんだ沙都子。お前随分人気者なんだな。
 肉屋さんで予想外のサービスを受けて、ワタワタと慌てる姿が目に浮かぶ。意外と沙都子は人見知りをするタイプだ。遠慮しいでもある。俺にはそうでもないが。
 赤い顔で何度も「結構ですわ」を繰り返しながら、結局最後には受け取っちまったんだろうな。何とも微笑ましいじゃないか。
 そこに天瀬のおっさんが登場して、沙都子を取り合って肉屋のおっさんと睨みあいか。その間に挟まれたら、沙都子はどうするだろう。
 何で二人が睨めっこを始めたのかも分からず、眉尻を下げてオロオロするんだろうなあきっと。
 ははは。からかい甲斐のありそうなシチュエーションじゃないか。笑えるぜ。
 俺が引っ越してきてからこの一年で、雛見沢も随分変わった。
 特に沙都子を取り巻く環境は、本当に良い方向に変わった。いや、俺達みんなで、手に入れた。
 去年の今頃はサービスどころか、話すらまともに…………。

 ――あぁ、そうか。そういう事か。
 ――それでこんな気持ちになったのか。
 唐突に気付いた。

 もう俺達が沙都子を守ってやる必要は無いんだ。沙都子を苛む障害が、無くなったんだから。
 去年までは、雛見沢丸ごとが障害だった。薄っすらと、それでいてネトつく様ないやらしい迫害があった事は、当時の俺には相当なショックだった。
 好きになりたいと思った村だったからな。
 そこに妖しげな風習が蔓延っていて、俺の仲間を苛んでいた。とても辛い事だった。だから打ち破った。
 今では村全体が、沙都子達を守っている。沙都子だけじゃない。幼い力を合わせて生活しようと、健気に頑張る三人の子供たちを、別け隔てなく見守ってくれている。
 そりゃあいつまでもずっと、子供達だけで生活していく訳には行かないだろうさ。だけど心配無い。
 公由の村長さんが手助けしてくれるだろう。園崎家だって、きっと力になってくれる。
 雛見沢村が本当の意味で、沙都子の居場所になったんだ。
 もう誰も、沙都子を無視したりしない。困っている所を見て、放って置いたりはしない。
 良い事をすれば褒めてくれるし、優しい言葉も掛けて貰える。
 悪い事をすれば、もちろん怒られる。
 沙都子が求めれば、ごく普通にコミュニケーションが成立するって事。それがやっと、当たり前の事になった。
 かまって欲しければ、笑いかければ良い。
 トラップなんてひねくれた仕掛けをする必要、無くなったんだな。
 天瀬さんに頭を撫でられてはにかむ沙都子を見て、仮とは言え「にーにー」として、素直に嬉しかった。

 本当さ。もちろん本心だよ。
 だけど……。
 まあ、うん……やっぱり、ちょっぴりな。
 ちょっぴりだけ――やっぱ寂しいな。

「はは……なんだ。構ってもらってたのは、俺の方だったってか……」
 ポツリと零れた独り言に、沙都子が振り返る。
「何かおっしゃいまして。圭一さん?」
 何とも悩みの無い顔で見つめてくれるじゃないか。このやろ。
 ――えいくそ。良かったな、沙都子!
「何でもねえよっ」満面の笑顔で、沙都子のほっぺたをムギッとつねってやった。
「ひゃにするんれすのっ!」八重歯を剥き出して、つねり返される。
 痛てて。手加減無しかよ。
「天瀬ひゃん、はんまりこひつ甘ひゃかしひゃらめっふよ。ふぐるにろるんふからっ」
 訳(天瀬さん、あんまりこいつ甘やかしちゃ駄目ですよ。すぐ頭に乗るんですからっ)
「はんれふっへぇ? ほれはへーいひはんのころれはありまへんのっ! ふがーっ」
 訳(何ですってぇ? それは圭一さんの事ではございませんの! むがーっ)
 俺達の言葉が果たして通じたのか否か? 甚だ怪しいもんだが、天瀬さんは楽しそうに頷いた。
 胸の前で両腕を組んで、愉快そうに豪快に笑う。
「でっはっはっはははっ。うんうん、二人共仲が良いんねぇ。まるで本当の兄妹なん。でっはははは」

 ――両腕を組んで?
 待て運転手。
 ハンドルはどうしたハンドルは! 傾いてるじゃねえか車っ!
「おおぉぉおおっおっおおっさんハンドルハンドルっ! 田んぼっ! おちっ落ちるって!」
「お? おぉおぉ。そういや運転しとったん」
「おぉおぉ」――じゃねえっ! 今、片輪田んぼに落ちてたろうがっ。 
 盛大に冷や汗を掻く俺と沙都子を尻目に、天瀬さんは無責任な笑顔。
 助手席のシートを乗り越え、生存率の高い後部座席へ沙都子が移動してきたのは、言うまでも無い事実であった。

 -----------------------------------------------

「そったら二人共、ちゃんと体乾かすんよ。風邪ひかん様にねぇ」
「はい。天瀬さんも気を付けて帰って下さいよ。まだ雨、激しいですから」
「本当に助かりましたわ」
「えぇって事よぉ。でっははは。ほんじゃあさよならんね~」
「「有難う御座いましたー」」
 ベシャベシャのぬかるみ道を遠ざかっていく、ちょっとオンボロな白い軽四自動車。天瀬さんの人柄もあってか、その動きはどこかコミカルだった。
 明日、田んぼから車が生えて無けりゃ良いけどな……。
「さ、わたくし達も中に入りましょう。また濡れてしまいますわ」
「あぁそうだな。じゃあお邪魔するぞ」
 俺は自宅では無く沙都子達の家、つまり通称「梨花ちゃんハウス」で降ろしてもらっていた。
 どうぞお入り下さいな、と沙都子はポケットから玄関の鍵を取り出し、鍵穴に差し込む。
 自宅まで送って貰うつもりだったのだが、「どうせお暇ならちょっと寄ってお行き遊ばせ」と買い物荷物を渡されてしまったので、雨宿りがてら寄る事にしたのだ。
 立て付けの悪そうなガラス戸を器用に開けてするりと中に入り、「どうぞ」と沙都子が俺を招き入れる。


 防災小屋を改良した住居の中に足を踏み入れた瞬間、足首にワイヤーの感触。
 視線を落としたその後頭部に、巨大な金タライがヒット! 倒れこんだ先にはたっぷりと墨汁を湛えたすずりが待ち構えて――


 ――何ていう懐かしい展開を、心のどこかでちょっぴり期待した。
 実際には、何も起きなかった。
 トントンと階段を登っていく沙都子の後姿が、少しだけ成長して見える。
 それが嬉しくて、でもやっぱり少し寂しくて、むずむずした。
 本当の兄貴――悟史なら、こんな時どう感じるんだろう。
 もっとちゃんと喜んでやれるのかね。
「圭一さん。何をボッと突っ立って居られますの?」
 仕様の無い思考に思いを巡らせる俺を、沙都子は柔らかな面持ちで階段の中程に立ち、見つめていた。
「それ、持って上がって下さらないと、お料理ができませんわ」と俺が両手に抱えた買い物袋を指差す。
「分ってる分ってる。そう急かすなよ」
 恐らく煮え切らない表情を浮かべているであろう顔面に笑顔を引っ付け、俺は階段をトントンと登った。
 その時だ。奇妙な笑い声が聞えたのは。
「ふふふ……」
「?」
 気味の悪い含み笑いに見上げると、妙に座った目で、沙都子が俺を見下ろしていた。
 何と言うか……とても悪い顔をしている。
「な、何だよ。気持ち悪ぃな沙都子」
「ウェルカムですわっ!」沙都子が指をパチンと鳴らす。
「ぅおぉ?!」
 途端、沙都子の立っている段から下の階段が一瞬にして滑り台に変わった。
「あだっ! おどどどっ」
 踏み出した足は見事に空振り、容赦なくオデコを痛打。轢かれたカエルの様なポーズで滑り落ちている最中、坂の微妙なデコボコが鼻の頭を擦って火傷しそうだった。
「おーっほっほっほっほ! 無様ですわよ圭一さん!」
「……沙都子ぉっ! てめぉ゛ん゛っ?!」
 ヒキガエルの姿勢から起こした頭に、天井から降ってきた伝説のカナダライが炸裂。コワアアァァンと言う美しい音色が響き渡った。
 わんわんと残響音が鳴り響く耳に、沙都子の勝ち誇った台詞が流れ込んでくる。
「おーっほほほほっ愉快痛快ですわ! やっぱり圭一さんは世界一のトラップイーターですわねえっ」
「こ、このやろ……さ、最近大人しいと思ってたら……」
「予期せぬタイミングで仕掛けてこそのトラップでしてよ。バス停での講義、何を聞いていましたの? ほほほほ」
「お゛ぉ゛お゛おまぇなあぁっ」
「おまけですわ」
 床板がパカッと開きヒヨコ型の水鉄砲が目の前に現れ、ピョロロロと間抜けな音を立てながら俺の顔面に水を掛ける。
「正直、玄関で立ち止まられた時はバレたのかと思って冷や冷や致しましたわ。ああでも……良く考えてみると、わたくしの高尚なトラップ技術が、圭一さん如きに看破できる筈がございませんでしたわね! ほーほっほっほっほ」
「ふ……ふふふふ……」
「? どうしましたの圭一さん。打ち所が悪うございまして?」

 前 言 撤 回 だ 。
 ちっとも成長なんてしちゃいねぇっ!!
 嬉かねえっ!
 やっぱりこいつにコケにされて嬉しい筈ぁ無かった! はっはっはっはっはっはっは!!
 そうだとも。さっき俺、自分で言ったじゃないか。沙都子には、普通に接してあげなくちゃなあ。
『良い事をすれば褒めてくれるし、優しい言葉も掛けて貰える。 悪い事をすれば、もちろん怒られる』
 そう、もちろん怒られる! オイタしたら、オシオキしてやらねえとなあっ!! ふひはぁあーーっ!!
 いつまでも俺が優しい「にーにー」だなんて思ってんじゃねえぞコラぁっ!
「ふははははは上等っ! 上等じゃねえか沙都子ぉ! そこで待ってろオシオキだこの野郎っ!!」
「おおーーーっほっほっほほほほ! やってご覧遊ばせっ」
「雛見沢の『白い悪魔』と恐れられた俺様を舐めるなよーっ!」
 助走を付け、埃を巻き上げながら滑り台に突進! ギリギリ手前で大きく踏み切り、一足飛びに坂の三分の一辺りにまで一気に飛んだ。
 が、着地した瞬間、その足は何の抵抗感も無く後方へツルリと滑った。
「なっ?!」
 空中で「卍」の形を描いて回転した俺は、またもおでこから滑り台に着地。ズルズルとスタート地点へと戻る。
「おーっほほほほ。滑り台に変形した直後に、油が染み出る仕掛けになってございますのよ」
「自宅に意味不明な仕掛け施すんじゃねえぇっ!」
 自分はどうやって降りる気なんだこのタンポポ娘がっ。
「ぃよぉしイイだろう。そこまでやる気なら、俺も本気を出させて貰うぜ」
 何をしても無駄ですわ、とニヤつく沙都子を無視して俺は靴下を脱ぎ捨て、足の指をワキワキと動かした。
「何をするのかと思えば……裸足になった程度でこのトラップを攻略できるとお思いでして?」
「グダグダ言わずに見てろっ」
 さっきよりも速度を上げて助走をつけ階段に突進し、滑り台にジャンプ。
「おおおぉっ!」
 接地面が最大になる角度で足をつけると、多少滑りはしたものの、俺の足は確実に坂を捉えた。
 足の指に力を篭め、二歩目を踏み出す! 三歩、四歩と着実に油坂を登る!!
 沙都子の顔にやっと焦りの表情が浮かび始める。
「そ、そんな筈はっ?!」
「ふははははっ! 俺のこの、じっとりと汗ばんだ足の裏を甘く見たなあっ!」
「う、うわ……。オシオキは置いておくとしても、何だか絶対に登ってきて欲しくありませんわ」
 汚い物を見る様な目で見られて、ちょっぴり傷ついた。が、哀しみを乗り越えて俺は更に力強く、高みへと踏み出す。
 だが……後少しと言う所で、俺の前進は止まってしまう。
 いや、全力疾走は変わっていない。今も俺の足はフル回転で回っている。だが如何せん元々は都会のもやしっ子。体力がついて来なかったのだ。
 まるでルームランナーに乗っているかの様に、その場から前進しなくなってしまった。それを見て、焦る沙都子の額から汗が引いていく。

「沙都子、何を騒いでいるのです?」
 沙都子の背後で襖が開き、ひょっこりと梨花ちゃんが顔を覗かせた。
 チラリと見えた肩に掛かる肩紐が、いつものグリーンのワンピースのそれではなく、白い。
 ……ってか、あれ、ネグリジェってやつじゃないのか? 寝てたのか梨花ちゃん。
 あれって確か、下着の一種だよな? おぉ……何だか役得かも。
 坂道を全力疾走で、しかし少しずつ近づく汗だくの俺と、梨花ちゃんの視線が交わる。
「よう梨花ちゃんっ。お邪魔してるぜ!」
 シュタッと右腕を挙げ、爽やかに白い歯を輝かせる。梅雨も吹き飛ぶ最高の笑顔だ。
 飛び散る汗も、きっとキラキラと輝いていたに違いない。
「けっ、けけけ、圭一っ?! な、何で? 何で圭一がここに居るのですかっ? しかも何だか気持ち悪いっ」
「ハァハァ、つれないな梨花ちゃん。折角ハァ遊びにハァハァ来たってのフヒィ」
 息が荒いのは疾走しているからだ。仕方ない。
 沙都子をとっちめたらそっちに行くから、と伝えると、梨花ちゃんは物凄い形相で襖をバタンと閉めてしまった。
「り、梨花?」
「だっ駄目なのです! い、今圭一はお部屋に入ってはいけないのですっ」
「な、何でハァよ。フヒィ」
「き、気持ち悪いからっ……じゃ、なくて、ちょ、ちょっとその……ちょっとだけ散らかっているのですよっ」
 何だ、そんなの気にしないのに。俺の部屋なんて、いつだって散らかってるし。
 その言葉を聞いて、沙都子は溜息を漏らした。
「もぅ梨花ったら……。また服を脱ぎ散らかしっ放しで、お昼寝していたんでございますわね?」
「み、みー。ち……違うのです」
「嘘おっしゃい。いつも口すっぱく言っているじゃございませんの。自分の服や下着くらい、ちゃんと片付けなさいませ、と」
「み~……」
「丁度良いですわ。この際ですから、圭一さんにその惨状を見て頂きなさいませ。そうすればきっと、梨花も反省なさいますでしょう?」
「みっ?! だ、駄目です駄目ですっ。駄目なのです!」
「と、言う事ですわ圭一さん。わたくしへのお仕置きを無効にして下さるのでしたら、油を止めて差し上げますけれど……いかがですかしら?」
「な……何ぃ? 馬鹿言うな、それじゃあ本末転倒もいい所じゃねえかっ」
「圭一さんがそこで駆け足してる事自体、そうじゃありませんの」
「お前が言うなっ!」「それじゃあまた、スタート地点へ戻るしかございませんわね」
「ぐっ……」

 くそう、どうする? 体力もそろそろ限界だ。悔しいが沙都子の提案を受けるしかないか?
 そりゃあこのまま下に戻り、不貞腐れて帰るって手も無い事は、無い。
 だがここまで頑張って、その一手は選べない。登山家の気分だ。頂を踏むまでは、諦められないぜ。
 仕方ない。ここは沙都子の提案を呑もう。……べ、別に梨花ちゃんの下着が見たいとか寝間着の梨花ちゃんが萌えるとか、そう言うんじゃないんだからなっ!
「わ、わかった。条件、飲むぜ」
「――裏切りは、無しでございますわよ?」
 沙都子が壁のスイッチを押すと油の流出が止まり、坂道が階段へと形を変えた。
 助かった……。ゼィゼィと荒い息を吐く俺の頭上から、沙都子の声がする。
「さ、ではうちの梨花に、喝を入れてやって下さいまし」
「おっそうだな。フヒィ」
 息が荒いのは以下略。
 期待に胸を膨らま……沙都子との交換条件を果たす為、俺は渋々と、階段を上がり始めた。
 さてさてどんなに散らかっているのかね。
 あんまり酷いなら俺も片付けを手伝ってやらないといけないかなあ。いやぁ、参ったな。あっははは。
「みーっ! 絶対に登らせないのですっ。これでも喰らえなのですっ!」
「うぉっ?!」
 ガラリッ! と再び二階部屋の襖が開いたかと思うと、梨花ちゃんが何かを投げつけてきた。
 勢い良く飛来してくる謎の白い物体に身を硬くした。が、それは俺の目の前でパラシュートの様にハラリと開き、ひらひらと舞い始めたではないか。
 人間ってのは、勢い良く投げつけられた『それ』は反射的に避けようとするが、ゆっくりと舞い落ちる物は受け取ろうとしてしまうものらしい。
 花びらのように舞う『それ』を、沙都子と俺の目が追う。どうやら布製らしい『それ』を、俺は両手で椀を作り受け止めた。
 白地の布は、どこかで見た事がある形をしていた。何か……茶色のイラストが描いてある……?
 何だこれ? 茶色で……丸い耳? 動物?

 ………………くま?

 指でつまみ持ち上げてみると、その布きれは二等辺三角の形をしていた。二辺には控え目なフリルがついていて……。
「これって……もしかして……?」
「? …………むがッ!? そそそっ! それは、わわっ、わたくしのっ」見る見るうちに沙都子の顔が茹でダコになっていく。
「お前の?」


「くまちゃんぱんつじゃございませんのーーーーーっ!!!!!」


「っ!! んなぁあああっ!?」
 コンマ数秒で俺の手から『くまちゃんパンツ』がひったくられる。そして次の瞬間、俺の視界一杯に、ストッキングを履いた沙都子の足の裏が迫っていた。
「圭一さんのド変態ーーーーっ!!」
「へぐぼあっ」
 疾風迅雷。悪いのは俺か?
 当然の質問を挟む余地も無く俺は見事なドロップキックを喰らい、もんどり打ってスタート地点へと叩き落されたのであった――。

 -----------------------------------------------

「み~……。圭一の所為で、ボクは大迷惑なのです」
 頭に大きなタンコブを作った梨花ちゃんが、床を雑巾で拭きながらぼやく。
「梨花ちゃんが沙都子のパンツなんか投げるからだろっ!」
 同じくでっかいタンコブを作った俺も、四つん這いで床の油を拭き取っていた。
「そんな事言っても……沙都子はまだぶらじゃーなんて着けていないから、投げられないのです」
「そこかっ。問題はそこなのかっ」
 額にピシリと青筋を浮かべつつも、顔面に引きつった笑顔の仮面を貼り付け、勤めて冷静に梨花ちゃんを諭してみた。
「よぉく考えろ梨花ちゃん。問題は投げる下着を選択し間違えた事か? それとも下着を投げる事自体が問題なのか? さあどっちだ?」
「み…………圭一が変態さんだったと言う所?」
「監督ーっ! 重症患者です。往診を要求しますっ。監督ぅーっ!」
「類が類を呼んでいるのですか?」
「むっほーーーっ! 梨花ちゃんと言えどもう許せ――へがっ!」
 やり場の無い憤りに雄叫びを上げたら、二階から醤油ビンが飛んで来て俺の頭にヒットした。
「五月蠅いですわよお二人共っ! 床のお掃除は終わりましたのっ?! 綺麗になるまで、お夕食は抜きでございますからねッ!」
「みぃ~。沙都子がカンカンなのです……」
「ちぇっ。何だよ。床を油まみれにしたのはお前じゃないかっての……」
「何か仰いまして?」
 沙都子の両目がキラリと光る。
「い、いぃえぇなにも……で、でも沙都子さん、あの、ははは。お、お怒りは御もっともですが、その~、流石に、中身が波々と入った醤油ビンを二階から投げつけられるのは、ち、ちょっとだけ危ないんじゃないかなぁ~~っなんて……」
 沙都子の右手で何かがギラリと閃いた。そう思った瞬間、ヒュカッと言う空気を裂く音と共に俺の頭上を包丁が掠め飛び、背後の柱に突き立った。
「何か仰いまして?」
「いいっいいえっ! あはっあははははは!」
 滝の様な汗を迸らせる俺を尻目に、プンスカと頬を膨らませた沙都子はピシャリと襖をしめて部屋に戻ってしまった。
「怒った時の沙都子には、逆らわずに大人しく従った方が良いのですよ。圭一」
「は……はい」
 怒らせたのは誰だ、と言う疑問を浮かべる暇も惜しんで、俺は床掃除に専念した。

 二階から、ほんのりと夕飯の良い匂いが漂い始めていた。
 床を拭く手を止め耳を澄ますと、コトコトと鍋の鳴る音がする。
 ふと気付く。渋々と床掃除をしている癖に、意外と良い気持ちだという事に。
「圭一が来てくれたお陰で、沙都子の機嫌が直ったのです。ありがとうなのですよ。圭一」
 梨花ちゃんがにぱーと笑い、ぽつりと言った。
「珍しいな。喧嘩でもしてたのか?」
「そんなに大袈裟なものでは無いのですよ。ちょっとだけなのです。でも、沙都子はへそを曲げてしまって、お買い物も一人で行ってしまったのですよ」
「……へぇ……そうだったのか」
 あいつめ。役割分担とか何とか言ってた癖に。
 家に帰り辛くてバス停でしょんぼりしてたら、土砂降りの雨に閉じ込められた――そんな感じだったのかな。
「……でもさ、あれで機嫌直ってんのか? これもんだぞ?」
 自分と梨花ちゃんの頭のたんこぶをちょんちょんと突付く。ちょっと痛がった後に、梨花ちゃんはにぱーと笑った。
「はいなのです。朝は口もきいて貰えなかったのです。それに今日は、本当はボクがご飯当番の日なのですよ?」
「――ふん。相変わらず、素直じゃねえなあ」
 二階に聞えないように、二人でコソコソと笑った。

「二人共~。ご飯ができましたのです~」
 二階からひょっこりと顔を出した羽入が、ニッコリと笑って手招きをした。
「何だ、居たのか羽入」
「みー。さっきまで能天気にグッスリ寝ていたのですよ」
「あの騒ぎの最中、ずっとか?!」
「ぐっすりなのです」
 コクリと頷く梨花ちゃん。……大物だぜ羽入。
「あう~。早く上がってくるのですよ~。僕はもうお腹ペコペコなのですぅ」
「はいはい、今行くよ」
 雑巾とバケツを片付けて手を洗い、梨花ちゃんと二人で軽やかに階段を上がる。もう滑り台になったりしない。
「へへへ」
「? どうしたのですか、圭一」
「いや、自分で呼べば良いのにさ。――ホント素直じゃねえよな。あいつ。くくくっ」
「そこが沙都子のかわいい所なのですよ♪」
「違いねぇ。はははっ」

 二階から零れてくる、温かな香り。
 幸せをふんだんに絡めたその香りが、俺達の鼻を楽しませる。
 この匂いは……今日はクリームシチューか? さてさて、入っているのはブロッコリーか、カリフラワーか? 何てな。へへへ。
 トタン屋根に響く賑やかな雨のパーカッションに合わせて、俺と梨花ちゃんはステップを踏みながら階段を上って行った。

 そんな、何でもない一日のお話。


― おしまい ―

スポンサーサイト
拍手する

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

沙都子だー!!
帰ったらじっくり読むぜ!!

じっくり読んだww

天瀬のおっさん吹いたww
うーんこのおっさんに妙な親近感沸くなーwww
肉屋のおっさんの配役は・・・・・(笑

真ちゃんの沙都子物堪能させていただきましたよ!
また可愛い沙都子頼むよん
【2008/05/18 06:53】 URL | けーすけ #o.trGIrQ [ 編集]


読みました~。
村人にすっかり受け入れられて平和に生活してる沙都子に和みました。
あと、天瀬さんワロタw
SSとは関係ないけど魅音のおやじな性格って絶対会合のおっさんどもの影響ですよねw

前半和んだけど、後半のカオスっぷりwww
やはり沙都子はこうでなくてはねw 梨花ちゃんも自重しないしw
この場合、自重してないのはコンボイさんかな?
なんか選択肢のBあたりからはっちゃけ度上がってきてね?w
【2008/05/18 20:37】 URL | だいぶつ #gIYQI5Sw [ 編集]


>けーちゃん
読んでくれてありがとー!
天瀬のおっさんは、沙都子好きの皆の代表ですww
書いてて面白かったので、沙都子物、また書くかも。
その時はまた読んでね!
コメントありがと!

>だいぶっさん
魅音の親父性格は、間違いなく環境の影響だと思うww
はっちゃけ度上がってるよww 間違い無く!
結構、制限ギリギリを狙いたがる自分を発見したので、チト危険wwww
もちろん自重しない! するのは自嘲だけ! YESおやじギャグ。
コメントありがとう!!

拍手をくれた皆様も、ありがとうです!
【2008/05/21 04:01】 URL | cvwith #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://cvwith.blog51.fc2.com/tb.php/61-4c90a07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cvwith

Author:cvwith
岡山に生息。
カレーは混ぜてから食べる派です。
「ひぐらしのなく頃に」の二次創作を中心に、ショートストーリー(SS)を書いています。
「うみねこ」もちらほらとやってます。
いずれオリジナルも書いてみたいと野望を持っております。

メアド : kdksf1@mail.goo.ne.jp
「@」を半角にして、ご使用ください。
感想・ご意見・イラストなど随時激烈に大歓迎中です!



バナー




最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



検索関連



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。